NMR解析に特化したソフトウェア

NMRデータを最大限に活用するために用意されたNMRツールキット

シンプルな新体験

JASONの際立った特徴の1つは、データ・キャンバスです。データファイルは、コンピュータのメモリが許す限り広々としたキャンバスに表示されます。キャンバスに表示された様々なデータは、スクロールやズーム、または直感的なオブジェクト・ブラウザーを用いてナビゲートされます。関連したデータセットやオブジェクトは、夢のような分析のために互いにリンクします。

最新のピーク検出

どんなNMRデータ処理ソフトでも、堅牢なピーク検出機能は不可欠です。JASONも例に漏れず、ピーク検出と波形分離の組み合わせにより、ピークパラメータのリストをボタン一つで提供します。

最適化されたマルチプレット解析

JASONはピークを1次マルチプレット解析で多重線にグルーピングし、1Hのスペクトルから得られる構造情報を最大限に引出します。これはスペクトル全体に対して自動的に実行することも、もしくは限定範囲を手動で実行することも可能です。JASONの中でレポート・テーブルを作成することはもちろん、ジャーナルフォーマットで出力することもできます。

分子構造の描画・編集

JASONの分子構造式の読み込みは、.molや.sdfフォーマットをサポートしています。また、直感的な描画機能でゼロから書くのも簡単です。構造式はスペクトルとリンクされ、構造解析や帰属をアシストします。

化学シフト予測

JASONはインクリメントベースとHOSEコードアプローチのハイブリッド予測機能を搭載しています。データベースに類似構造があれば後者が使用されます。

レポート作成

スペクトルや分子構造をキャンバス上に表示するだけでなく、JASON内で様々なテーブル、パラメータテーブル、ピークリスト、マルチプレットテーブルなど、様々なテーブルを作成することが可能です。さらに、画像をインポートしたり、テキストをキャンバスに追加して、レポートのレイアウト作成、保存、印刷を行うことができます。

Reports Image

JASONの最新バージョンとNMR実験のための
最先端デジタルツールキット登場

お客様からのご提案と継続的な技術開発により更新しています

NMRデータ最適化を始めるための3つのオプション

無料ダウンロードサイトにアクセスしてまずは体験してみましょう

ユーザガイドをダウンロードして、機能の確認

テクニカルサポートによる46日間の無料トライアルを開始

そして、もし全てを今すぐ手に入れたいとお考えなら

JASONはNMR解析に特化したソフトウェアで
すべての人のために考えられています

ライセンス方式は、お客様のニーズに合わせて調整され、永続性を約束するものではありません

インダストリー

NMRデータの処理とチームワークの最適化を
必要とする企業様向け

アカデミア

将来の研究が世界をけることを夢見る
化学系学生、研究者向け

ライセンスサーバーレンタル

大学、公共団体、研究所などチームで
多数のライセンスで作業するケース向け

PDFをダウンロードして、JASONがNMRデータをどれだけ最適化できるかをご覧ください。

Windows、Mac環境で動作します

HDF5フォーマット対応でデータのすべてのタイプを最適化します

画像のエクスポートやレポート印刷はシームレスです

In our blog you will enjoy specialized content on nuclear magnetic resonance

2202, 2024

JASONバージョン3.2は、JASONチームによる2024年の最初のリリースです。

2月 22, 2024|

JASONバージョン3.2は、JASONチームによる2024年の最初のリリースです。   JASON 3.2では、NMRとともに質量分析データも追加できるようになりました。JEOL JMS-S3000 SpiralTOF(MALDI-TOFMS) のユーザーは、JASONにデータを読み込むことができるようになり、JEOL JMS-S3000 [...]

1311, 2023

JASON 3.1 – 機能の拡張と自動化-

11月 13, 2023|

JASONバージョン3.1が登場し、NMR処理・分析機能と自動化オプションが拡張されました!   DOSY機能が拡張 JASON 3.1では、DOSY結果を報告する新しいテーブルが導入され、Arrayedテーブルやチャートと並んで、Kineticパネルから作成できるようになりました。 フィッティングダイアログでは、Stejskal-Tanner方程式がサポートされ、拡散データのフィッティングやDOSY解析を視覚化することができます。パルスシーケンスパラメータから直接、補正された拡散時間の自動計算機能を導入しました。 外部コマンド処理スクリプト(関連記事:External Command [...]

1110, 2023

JASONの能力を拡張する (その3) :高度な外部処理、t1ノイズ除去

10月 11, 2023|

これまでこのシリーズでは、JASONが処理中のデータを外部プログラムに渡すことで、JASON内では現在利用できない処理を実行できることを紹介しました。今回は、t1ノイズ除去のための処理関数をpythonでプロトタイピングした後、開発チームがJASONのメインコードに実装した実際のアプリケーションを紹介します。 高ダイナミックレンジのサンプルは、2次元スペクトルの間接観測軸の方向に好ましからざる様相を呈することがあります。これはいわゆるt1ノイズと呼ばれるもので、各t1インクリメント間の信号強度の小さな変動から生じます。これらの変動はt1では変調されないため、スペクトル上のt1/F方向に平行な縞模様として現れ、かつスペクトル中の強い信号と関連しています。最新の分光計ハードウェアはこのようなアーティファクトを大幅に減少させますが、データ処理段階で除去する必要がある場合もあります。   t1ノイズを抑制するアルゴリズムは数多く存在しますが、このブログでは、ManolerasとNortonが提案し、Journal of Biomolecular NMRに掲載されたものを紹介します(J. Biomol. [...]