専門的な技術サポートは、お客様が必要とするあらゆる支援を提供します。

NMRラボのサポート

お問い合わせいただければ、24 時間以内に専門技術者が必要なすべてのことをご案内します。

JASONに関するよくあるお問い合わせをFAQとしてまとめてあります

総合的なお問い合わせについて

JASONは最新のNMRデータ再処理ツールであり、NMRデータを毎日または頻繁に使用する化学専門家のニーズに焦点を当て、誰でも簡単に使用できるようにしました。

JASONはWindows 10以上、macOS 10.15以上(Catalina、Big Sur、Monterey、Ventura、Sonomaを含む)で動作します。

いいえ、でも将来的には対応するかもしれません。

いいえ、でも将来的には対応するかもしれません。

JASONのPDFマニュアルはJEOL JASON webpage “リソース“でご覧いただけます(英語と日本語に対応):
https://www.jeoljason.com/ja/support-and-faqs/

オンラインヘルプは、F1キーを押すか、メインメニューをクリックし、「オンラインヘルプ」を選択することでJASONソフトウェアからご利用いただけます(インターネット接続が必要です)。

データフォーマットについて

  • Bruker TopSpin:
    • 生データ (fid/ser): 標準1D、2D、 また 3D; 2D NUS、 DOSY, pure shift
    • 処理データ (1r, 2rr, 3rr, 4rr,..8rr)
  • Bruker WinNMR:
    • 生データと処理データ1D と 2D
  • CCP-NC MAGRES (フリープラグイン) ) 以下によって作成された出力ファイルと互換性があります。:
    • CASTEP
    • Quantum ESPRESSO
  • Chemagnetics/Varian Spinsight: 1D, 2D 生データと処理データ
  • • ベンダー固有の 1D 及び 2D データを含む他ソフトウェアの JCAMP-DX:
    • ACDLabs
    • Bruker TopSpin
    • JEOL Delta
    • Nanalysis
    • NUTS
    • Magritek
    • Mestrelab
    • Oxford Instruments
    • ThermoFisher picoSpin
    • Q_Magnetics
    • Varian/Agilent
  • JEOL Delta (JDF):
    • 生データ: 標準 1D, 2D, 及び 3D; 2D NUS, DOSY, pure shift
    • 処理データ: 1D, 2D and 3D
  • JEOL Alice 2: 1D and 2D data
  • Magritek:
    • SpinSolve: 1D, 2D, 及び 2D DOSY
    • SpinSolve Expert: 1D, 2D
  • RS2D SPINit:
    o 1D と 2D (2022.06 より前と後のバージョンを含む)
  • SIMPSON (フリープラグイン): 1D
  • Varian/Agilent VnmrJ:
    • 生データ(fid): 標準1D, 2D; 2D NUS 及びDOSY

現在JASONがサポートしていないNMRファイル形式をお持ちの場合は、support@jeoljason.com までご連絡ください。

JASONのメインフォーマットは、業界標準のHDF5フォーマットに基づいたJJH5です。

HDF5は、異種データ型のための階層型ストレージフォーマットで、JASONは、生データ、処理されたデータ、ドキュメントのすべての表示オプションを含む、すべてのデータとオブジェクトを一箇所に保存することができます。HDFグループによって開発されました: https://www.hdfgroup.org/

JASONの外でHDF5ファイルを見るには、HDF5データセット用のビューアがあります。  https://www.hdfgroup.org/downloads/hdfview/#download

また、JASONはJSONベースのJJJフォーマットでデータを保存することができます。

さらに、JCAMP-DXのような標準的なフォーマットや、JASONドキュメントに含まれるデータのための特殊なフォーマットにも対応しています。

はい!JASONは、BrukerおよびJEOLの従来の3D生データおよび処理データ(例:3D HNCA)を読み込むことができます。Bruker nD (n>2) データを処理する前に、XDIM=0を設定し、JASONにインポートする前に、順次データを保存するようにしてください。

ライセンスとアクティベーションについて

はい!JASONのダウンロードページで、ソフトウェアのダウンロードと無料試用の登録ができます。 https://www.jeoljason.com/ja/try-our-software/

JASONコンピューターIDは、JASONが各PCに対して生成するユニークな記号の例です。

JASONコンピューターIDを確認するには、メインメニューから「JASONについて」を選択し、表示されるダイアログで「JASONライセンス」を選択します。JASONコンピューターIDが表示されますので、コンピューターIDをボタンでコピーしてください。インストール直後はJASONを立ち上げると「JASONライセンス」ダイアログが表示されます。

JASONはコンピューターIDを使用環境状況で生成するため、PCのメジャーアップグレード後にコンピューターIDが変更される可能性があります。そのため、このようなイベント後にアクティベーションができない場合は、ライセンスキーと新しいJASONコンピューターIDを弊社までご連絡ください。

メールアドレスの認証が完了すると、ライセンスキーが記載されたメールが届きます。それを「ライセンスキー」フィールドに貼り付け、以下のように「アクティベート」ボタンを押してください:

無料お試しライセンス、標準個別ライセンス、およびライセンスサーバーのレンタルを伴う/伴わないフローティングライセンスを提供しています。

無料お試しライセンスは、弊社ソフトウェアを試してみたいすべての方にご利用いただけます:

https://www.jeoljason.com/ja/try-our-software/

 46日間の期限付きです。

個別ライセンスは、それぞれ1台のコンピューター上の1人のユーザーに割り当てられ、ノードロックライセンスとも呼ばれます。

フローティングライセンスは特定のPCに固定されず、先着順で複数のユーザーが使用できます。例えば、25ライセンスのライセンスプール(ライセンス契約)の場合、アクセス可能なユーザーが何人であっても25人が同時使用することができます。

ユーザーがフローティングライセンスを使ってJASONを起動すると、ライセンスサーバーは利用可能なシートがあるかどうかをチェックします。利用可能な場合、ライセンスプールからユーザーのPC上でソフトウェアの実行が許可されます。プール内に利用可能なライセンスがない場合、ソフトウェアにアクセスすることはできません。

ユーザーがソフトウェアを終了したとき、または許可されたライセンス期間が終了したとき、ライセンスはライセンスプールに戻され、他のアクセス可能なユーザーが使用できるようになります。

はい、必要に応じてオフラインでのアクティベーションも可能です。support@jeoljason.com までご連絡ください。

オフラインアクティベーションリクエストトークンをお送りいただく場合は、.txtファイルに保存してメールに添付していただくか、テキストを追加せずにトークンをメールにコピーし、メールの件名にJASONライセンスキーを使用してください。クーポンアクティベーションガイドブックをダウンロードし、14ページをご覧ください。https://www.jeoljason.com/ja/resources/

個人のライセンスは、1台のコンピューターとユーザーに割り当てられます。お客様の特別なケースについては、JASONライセンスキーを support@jeoljason.comへご連絡ください。

JASONのライセンスキーを support@jeoljason.com  へご連絡ください。ライセンス期間内に新しいコンピュータにライセンスを移行できる回数には制限があります。

個人向けコマーシャルライセンスの移行をご希望の方はJASONライセンスキーを添えて、support@jeoljason.com までご連絡ください。

フローティングライセンスは、複数のコンピューターやユーザー間で共有することができます。JASONを実行するには、コンピューターがライセンスサーバーにインターネット接続されている必要があります。ライセンスサーバー・サービスは、日本電子から提供されるか、ローカルにインストールされ、別途購入する必要があります。同時ユーザー数は、利用可能なフローティングライセンス数を超えないようにしてください。

短期間のご利用に最適な、お手頃価格の短期契約(1ヶ月、3ヶ月)もご用意しております。

フローティングライセンスもこのような場合に使用できます。この場合、追加のライセンスサーバーのインストールと手配が必要です。

セキュリティと保証について

はい。個別ライセンスの場合、アクティベーション後にネットワーク接続は必要ありません(ネットワーク接続が必要なのは、アクティベーションプロセスで電子メールを送受信する場合のみです)。

フローティングライセンスを使用する場合、JASONの起動にはライセンスサーバーへのネットワーク接続が必要です。

私たちは、お客様に最も安全でセキュアな環境を提供することをお約束します。インストーラーにはマイクロソフト社とアップル社の業界標準の署名ツールを使用しています。

日本電子のセキュリティおよびプライバシーポリシーに関するご質問は、support@jeoljason.com までご連絡ください。

価格と支払い方法について

JASON製品ページで、あなたに合ったライセンスの種類と価格をお探しください。 https://www.jeoljason.com/products/

ウェブストアでクレジットカードでお支払いいただくか、SalesJASON@jeoluk.com までお問い合わせください。

はい、アカデミックユーズの割引はすでに料金に含まれています。 https://www.jeoljason.com/ja/products/

複数のライセンスの購入をご希望の場合は、下記までご連絡ください。SalesJASON@jeoluk.com

はい、請求書は自動的に作成され、メールで送信されます。

ご不明な点がございましたら、support@jeoljason.com までお問い合わせください。

有効期限が切れると、ライセンスは自動的に更新され(自動更新)、購入時に提供された支払詳細がアカウントに請求されます。ライセンスの有効期限が切れると、新しいライセンスキーが発行されますので、ライセンスキーを有効にしてください。

サブスクリプションは、https://www.jeoljason.com/ja/ にアクセス後「MyAccount」にて、いつでもキャンセルできます。

49ライセンス以上の場合はボリュームディスカウントが可能です。SalesJASON@jeoluk.com までお問い合わせください。

機能について

いいえ。JASONはマルチベンダー対応のツールであり、複数のデーターフォーマットを開くことができます。JASONの内部では全てのフォーマットが同等に扱われますので、様々なNMRプラットフォームのユーザーがJASONを一貫して使用することができます。

はい。JASONは .molや .sdfファイルで開くことができますし、構造を描いてからスペクトルに帰属することも可能です。

はい。SMILEQプラグインは定量分析専用に特別に開発されたものです。: https://www.jeoljason.com/products-smileq/

SMILEQプラグインを使用するには、JASONライセンスが必要です。

はい。ユーザーは、表、スペクトル、分子をコピーし、MS Word、Excel、PowerPointのような外部アプリケーションに貼り付けるだけです。また、ベクターやビットマップ画像、CSVのような一般的に使用される形式でデータを保存することも可能です。

はい、JASONには使いやすい分子描画ツールがあります

はい。JASONには、1Hと13Cスペクトルの化学シフトを高速に予測する無償のモジュールが組み込まれています。

はい、JASONには2D DOSY処理用の高度なモジュールが含まれています。

ブログではNMRに関する専本的なコンテンツをお楽しみいただけます

2202, 2024

JASONバージョン3.2は、JASONチームによる2024年の最初のリリースです。

2月 22, 2024|

JASONバージョン3.2は、JASONチームによる2024年の最初のリリースです。   JASON 3.2では、NMRとともに質量分析データも追加できるようになりました。JEOL JMS-S3000 SpiralTOF(MALDI-TOFMS) のユーザーは、JASONにデータを読み込むことができるようになり、JEOL JMS-S3000 [...]

1311, 2023

JASON 3.1 – 機能の拡張と自動化-

11月 13, 2023|

JASONバージョン3.1が登場し、NMR処理・分析機能と自動化オプションが拡張されました!   DOSY機能が拡張 JASON 3.1では、DOSY結果を報告する新しいテーブルが導入され、Arrayedテーブルやチャートと並んで、Kineticパネルから作成できるようになりました。 フィッティングダイアログでは、Stejskal-Tanner方程式がサポートされ、拡散データのフィッティングやDOSY解析を視覚化することができます。パルスシーケンスパラメータから直接、補正された拡散時間の自動計算機能を導入しました。 外部コマンド処理スクリプト(関連記事:External Command [...]

1110, 2023

JASONの能力を拡張する (その3) :高度な外部処理、t1ノイズ除去

10月 11, 2023|

これまでこのシリーズでは、JASONが処理中のデータを外部プログラムに渡すことで、JASON内では現在利用できない処理を実行できることを紹介しました。今回は、t1ノイズ除去のための処理関数をpythonでプロトタイピングした後、開発チームがJASONのメインコードに実装した実際のアプリケーションを紹介します。 高ダイナミックレンジのサンプルは、2次元スペクトルの間接観測軸の方向に好ましからざる様相を呈することがあります。これはいわゆるt1ノイズと呼ばれるもので、各t1インクリメント間の信号強度の小さな変動から生じます。これらの変動はt1では変調されないため、スペクトル上のt1/F方向に平行な縞模様として現れ、かつスペクトル中の強い信号と関連しています。最新の分光計ハードウェアはこのようなアーティファクトを大幅に減少させますが、データ処理段階で除去する必要がある場合もあります。   t1ノイズを抑制するアルゴリズムは数多く存在しますが、このブログでは、ManolerasとNortonが提案し、Journal of Biomolecular NMRに掲載されたものを紹介します(J. Biomol. [...]